Aloha Blossom×Julien Colombier×The Inoue Brothers…-OKINAWA ZILLA SHIRTS-BLACK-

25,080円(税2,280円)

36
38
4025,080円(税2,280円)
在庫なし
4225,080円(税2,280円)
在庫なし
4425,080円(税2,280円)
在庫なし
4625,080円(税2,280円)
在庫なし
48
サイズ
購入数

Aloha Blossom×Julien Colombier×The Inoue Brothers...のアロハシャツ。
ジュリアン・コロンビエが沖縄を旅して、沖縄で描いた「OKINAWA ZILLA」が アロハシャツやドレスとなり、
アートピースのようなスペシャルなコレクション。
アロハシャツでありながら、従来のアロハのイメージとは異なり、黒背景にビビットなカラーチョークで描かれた
浮かび上がる植物や波状のライン。
ジュリアン・コロンビエの世界観が存分に感じられる「OKINAWA ZILLA」を是非ご堪能下さい。

-Aloha Blossom×Julien Colombier×The Inoue Brothers…
OKINAWA ZILLA SHIRTS
COL:BLACK
SIZE: 36, 38, 40, 42, 44, 46, 48
MATERIAL:RAYON 100%
MADE IN OKINAWA

《肩幅・そで丈・着丈・身幅》
SIZE:36ー41,5cm・22,5cm・65,0cm・49,0cm
SIZE:38ー43,5cm・24,0cm・68,0cm・52,0cm
SIZE:40ー46,5cm・25,0cm・71,0cm・55,0cm
SIZE:42ー48,0cm・25,5cm・73,5cm・58,0cm
SIZE:44ー52,0cm・26,5cm・76,0cm・63,0cm
SIZE:46ー57,5cm・26,5cm・79,0cm・68,0cm
SIZE:48ー63,5cm・27,0cm・82,0cm・73,0cm

《Aloha Blossom》
Re:luxeとRelaxをテーマした沖縄発のハワイアンシャツブランド。 Where there is Re:luxe There is Relax 「luxe」 とは、もともとフランス語やラテン語で、”贅沢”を意味する言葉。 高級ブランド品に限らず、自分が気に入った物や事、自分自身にとっての”贅沢”を見つけ出す事こそが”真の贅沢”であると捉えています。 物事に対する価値観は十人十色、人それぞれである。 自分自身にとっての”贅沢”を探求・追求する事によって「Re luxe」即ち”真の贅沢”を見出だす事が出来ると我々は考えています。 真の贅沢=「Re luxe」が導く「Relax」こそが「Aloha Blossom」が一番重要としているポイントです。 「Aloha Blossom」を身にまとう事で、何気ない日常が少しでもよりご機嫌になれるように、 自分自身はもちろん、あなたを取り巻く全ての人々がハッピーになれますように。 あなたの心と身体を解放する”真の贅沢”へのお手伝いが出来る事が、我々「Aloha Blossom」にとっての喜びです。

《Julien Colombier / ジュリアン・コロンビエ 》
1972年、パリ生まれ。 アトリエと住まいは今もフランス、パリ。 ジュリアンは2歳のときから絵を描き始め、今に至るまで描き続けている。 アーティストとしてのデビュー展覧会は1993年に行われ、それ以降、認知度も高くなっていった。 2007年にジュリアンは「黒板にチョーク」というスタイルを始め、本格的にフランスのハイレベルで厳しいアートシーンで認められることとなった。 このスタイルは彼が青春時代で一番影響されたグラフィッティーとスケートボードカルチャーから生まれた。現代のブラックキャンバスにクレパスのスタイルの原点である。 パリのニュースタイルアーティストとして注目されChanelのKarl Lagerfeltに声をかけられ、2011年にChanelとの初コラボレーションが紹介された。 その後、クリスタルブランドのBaccarat, Converse, Maison Pierre Frey, Cartier, Bulgary, Diptyque さまざまなコラボレーションを展開。 ジュリアンのアートのほとんどは、自然と植物、またはグラフィックシェープをモティーフにしている。 繊細さとビビットなカラーのミックスでパワフルな表現が伝わる。

《THE INOUE BROTHERS.../イノウエ・ブラザーズ 》
兄の聡は1978年、清史は1980年生まれ。ともにデンマークのコペンハーゲンで生まれ育った。 「ザ・イノウエブラザーズ」の特徴である、日本の繊細さと北欧のシンプルさへの愛情を基本に生まれたデザインを、彼らは「Scandinasian」(スカンジナジアン)デザインと呼ぶ。 聡はコペンハーゲンを拠点にグラフィックデザイナーとして、清史はロンドンを拠点にヘアデザイナーとしても活躍。そこで得た収入のほとんどを「ザ・イノウエブラザーズ」の活動に費やす。