canoma サノマ-EAU DE TOILETTE-1-24-鈴虫

8,250円(税750円)

30ml
100ml
サイズ
購入数

夏の終わり、『残暑』とは名ばかりで、うだるような暑さは健在、じめっとした空気が肌にまとわりつく。
そんな中、ほんの刹那、乾いた風が通り抜ける。
あんなに嫌いだった夏が、終わりに近づいていることを、寂しく受け止めている自分がいる。
湿気をオークモス、乾燥をシダー、熱気をアンバー調の香りとサフラン、涼しさをフゼア調の香りで表現。
一つの香りの中に、暑さと寒さ、湿気と乾燥という相反するものを感じることができる。
そこにアイリスが加わり、不思議となつかしさを醸し出している。
暑さと湿気の残る夏の終わりに一瞬吹く、冷たく乾いた秋の風を表現した香り。
それぞれの香料が複雑に絡み合い、1 つの香りの中に複数のコントラストを作り出す。
サノマの香水名は試作品番号です。
1-24は、1という種類の香りの24番目の試作品を意味しています。
これは、規制の変更に伴い、香水の処方の修正が必要となる際に、
商品名である試作品番号を変更することで香水の処方に変更があったことをお伝えするためです。
また、各香水にはそのテーマにあった源氏香之図が 1 つずつあてがわれています。

-canoma-
EAU DE TOILETTE
1-24-鈴虫
SIZE : 30ml / 100ml
FRAGRANCE NOTE : ウッディ ・オリエンタル ・スパイシー
ベルガモット、バジル、カルダモン、クローブ、サフラン、ヴァイオレットリーフ、 ローズ、オークモス、シダーウッド、ミルラ、ラブダナム、カカオ
MADE IN FRANCE

《canoma》
日常を表す「茶の間」と上質の象徴である「茶道」という 2 つの言葉を選び、
共通している“茶”の字の発音を入れ替えて出来た造語。
日本人としての感覚を持つ渡辺裕太が香りのディレクションを取り、テクニカルな部分は、
フランス人調香師 Jean-Michel Duriez(ジャン=ミッシェル・デュリエ)の知識と経験を用い、
日本人が使いたいと思える4つの香りが誕生。
既存の香水にはない新しいアイディアを、熟練した調香技術を通し、
繊細な調整の上で完成された香水を目指す。
確かな技術の上に完成された新しいアイディアこそが、いい香水であるための条件であると信じています。

《調香師 / JEAN MICHEL DURIEZ》
調香師歴 32 年の大ベテラン。
フランスの歴史ある香水ブランド Jean Patou 及び Rochas のハウ スパフューマーを務める。
その他 Dolce & Gabbana、Escada、Lacoste、Yohji Yamamoto の香水も製作。
また、Pierre Hermé 等とのコラボレーションキャンドルも数多く手がける。
2016 年 12 月、自身の名前を冠したブランド Jean-Michel Duirez Paris をスタート。

《ディレクター / 渡辺裕太》
東京大学大学院卒業後、外資系金融、投資ファンドにて 3 年半の 勤務後、香水業界で働くべく 2015 年に渡仏。
ソルボンヌ大学大学 院で MBA を取得し、調香師 Jean-Michel Duriez 氏の下で働く。
香水業界が欧米及び中東マーケットにのみフォーカスしている現状を目 の当たりにし、
日本人のための香水を作るべくフランスにて起業、 2020 年秋、çanoma(サノマ)をローンチする。