WienerBlut ウィーナブルート-EAU DE PARFUM-EX VOTO (エクス ヴォート)

37,400円(税3,400円)

購入数

EX VOTO (エクス ヴォート)
オーストリア帝国の祭日であった聖体祭へのオマージュ。
暑い夏の日にあっても涼しく静寂に包まれた、石の大聖堂の秩序をもたらします。
3種類のフランキンセンス(乳香)、カモミールとナツメグという未精製の原料を使用。
燃えた蝋燭の芯や、大理石の床の上を忍び寄ってくる冷たい煙のような香りを思い起こさせます。
※EX VOTOとは、願いが叶った時、教会への感謝と奇跡の証を込めて奉納する奉納物の意。

トップノート:ピンクペッパー、マスティック、フランキンセンスオイル
ミドルノート:フランキンセンスレジン(乳香樹脂)、シナガワハギ、ナツメグ
ベース:フランキンセンスパイロジェン、アンバーグリス、リグナムバイタ(緑檀)

-WienerBlut-
EAU DE PARFUM
EX VOTO (エクス ヴォート)
内容量:100ml

《WienerBlut》
2009年にウィーンで生まれたユニセックスフレグランスブランド。
創業者でクリエイティヴディレクターのAlexander Lauber(アレクサンダー・ローバー)が
インスピレーションの源とするのは、19世紀末のウィーンの街とその文化です。
ローバーを魅了してやまないのは、絵画・建築・音楽などさまざまな芸術文化が百花繚乱の様相を呈した、
オーストリア=ハンガリー帝国時代のウィーン。
ブランドネームの「WienerBlut」は、ヨハン・シュトラウス2世が1873年に作曲した有名なワルツ
「WienerBlut(ウィーン気質)」に由来しています。
ブランド設立当初は、かつてウィーンに実在した香水のレシピをたどりながら香りを
構築していったというローバー。
貴重な天然原料をふんだんに使って創り上げた香りのひとつひとつには、彼の想いが詰まったストーリーが。
いずれの香りも知性と官能性を漂わせつつ、軽やかなつけ心地に仕上がったオードパルファムです。
ボトルはローバー自身のコレクションにあったアンティークの香水ボトルや、
ウィーンの薬局で使われていたボトルなどをモチーフに、ニューヨークを拠点とする
オーストリア人アートディレクター、アレックス・ウィーデリンが現代的な解釈でデザイン。
クラシカルかつモダンな香りを見事に体現しています。
手仕上げのためそれぞれの形が微妙に異なるのも魅力のひとつです。
キャップの素材のベークライトは19世紀後半に発見され、20世紀初頭から生産が始まった、
セルロイドに次いで古い合成樹脂。
温かみのある独特の質感がボトルとマッチし、インテリアとしても魅力的な佇まいです。